プロポーズに合わせて婚約指輪を贈ったり、結納などの顔合わせの場で披露したいという場合、リングを購入した後に準備期間が必要となります。もし準備期間を考えずに用意してしまうと、急いで用意してもらう事で余計な費用がかかってしまったり、渡したいタイミングに間に合わなくなってしまうという危険も考えられます。では、準備期間としてはどのくらいの期間を必要とするのでしょうか。

もしプロポーズや結納の顔合わせにタイミングを合わせてリングを贈る場合、その2ヵ月から3ヵ月ほど前を目安として準備を始めるようにしましょう。特に結納の顔合わせで披露する場合、顔合わせが結婚式の5か月ほど前に行われるのが一般的ですので、8か月ほど前から準備を始めるようにしないと間に合いません。特に挙式が近くなると忙しくなってしまいますので、なるべく時間的に余裕があるうちに準備を始めるようにしましょう。

準備期間は、最低でもブライダルリングを渡す2ヵ月から3ヵ月前を目安としておかなくてはいけません。もちろん早ければ早い程じっくりと準備をする事ができますし、余計な出費なども避ける事ができますから、渡したいタイミングが決まっている場合は早めに動く事を心がけて準備を始めるようにすると安心です。