準備期間に注意しよう

プロポーズに合わせて婚約指輪を贈ったり、結納などの顔合わせの場で披露したいという場合、リングを購入した後に準備期間が必要となります。もし準備期間を考えずに用意してしまうと、急いで用意してもらう事で余計な費用がかかってしまったり、渡したいタイミングに間に合わなくなってしまうという危険も考えられます。では、準備期間としてはどのくらいの期間を必要とするのでしょうか。

もしプロポーズや結納の顔合わせにタイミングを合わせてリングを贈る場合、その2ヵ月から3ヵ月ほど前を目安として準備を始めるようにしましょう。特に結納の顔合わせで披露する場合、顔合わせが結婚式の5か月ほど前に行われるのが一般的ですので、8か月ほど前から準備を始めるようにしないと間に合いません。特に挙式が近くなると忙しくなってしまいますので、なるべく時間的に余裕があるうちに準備を始めるようにしましょう。

準備期間は、最低でもブライダルリングを渡す2ヵ月から3ヵ月前を目安としておかなくてはいけません。もちろん早ければ早い程じっくりと準備をする事ができますし、余計な出費なども避ける事ができますから、渡したいタイミングが決まっている場合は早めに動く事を心がけて準備を始めるようにすると安心です。

価格決定のポイント

ブライダルリングの価格が決まる要因としては、使われているダイヤモンドのカラット数カットリングの素材などが挙げられます。特にダイヤモンドのグレードは価格に大きく関わってきますから、特にダイヤモンドの価格がどのようにして決められるのかは知っておかなくてはいけません。ダイヤモンドはカラット数が大きくなるほど希少価値が高くなりますが、カラット数が大きければ絶対に高くなるという訳ではありません。

ダイヤモンドにはカラットの他にも、透明度研磨といった評価基準があり、カラット数が大きかったとしても色や透明度、研磨のランクが低ければ思った以上に低い価格で購入する事ができる場合もあります。ダイヤモンドの色や透明度はランクが低くなるほど黄色くなってきたり、傷や内包物が増えて見た目があまり良くない物となってしまいます。いくら安い購入したとしても、見た目が良くないものでは喜んでもらえないので、気を付けておきましょう。

リングの価格を決める時に特に注目したいのが、やはりダイヤモンドのグレードです。カラット数や研磨、色や透明性といったダイヤモンド特有の基準を知っておくと、値段の調整をしやすくなりますから、購入する際にはある程度カラット数などをどのくらいにするかを考えておくと良いです。

価格の相場はいくらか

ブライダルリングの相場を知っておくと、事前に予算を準備する際に役立ちます。予算が足りないと気に入ったリングがあってもすぐに購入ができず、用意をしている間に渡したいと考えていた時期を逃してしまうという事も考えられます。リングを贈る時にはトラブルなく購入ができるように、事前にどのくらいの費用が必要なのかを考えて予算を用意しておくと良いでしょう。では、ブライダルリングの相場はいったいどのくらいの価格なのでしょうか。

ブライダルリングの価格としては20万円から40万円を選ぶ人が多く、このあたりの価格帯が相場とされています。お店によって値段は多少変わりますが、ブライダルリングの予算として用意する時には多くても50万円程度を用意しておけば、一般的なブライダルリングを購入する際に困る事は少なくなるでしょう。もちろん50万円以上の高いリングを購入する場合はお店に相談をして、どのくらいの価格があるのかを調べておくと良いです。

ブライダルリングの価格は、使われている宝石やリングの素材によっても変わりますが、相場とされる価格帯ではそこまで大きく品質が変わるという事はありません。ですからおおよそこの価格帯であれば、リングのデザインや宝石のグレードなどを変更しやすくなっていますので、もし予算をどのくらい用意すればいいかわからないという場合、このくらいの価格帯を予算として用意しておくと良いのではないでしょうか。